「ことわざかるた」で楽しく学べます

ことわざかるた

子供は現在、9歳(4年生)と4歳の女の子です。
下の娘が3歳から頻繁に使い始めました。かるたなので姉妹や親子で一緒にやったり、時には一人で広げて見ていたりします。現在も継続中です。

「~あそびながらたのしく学べる~ ことわざかるた」(発行者)永岡修一(発行所)永岡書店
これは、大人なら聞いたことのあることわざが満載です。下の娘はまだ字が読めない頃からイラストに興味を持ち始めました。保育園でもキャラクターかるたをやっていたので、あまり抵抗がなかったのかも知れません。

読み札は全てひらがなで書かれています。裏面にはひらがなの下記順とローマ字、カタカナも載っています。

取り札にはひらがなの頭文字と、その内容にまつわるイラストが表示されています。
初めのころ、下の娘はこのイラストを覚えることでかるた遊びをしていましたが、徐々に書いてあるひらがなも覚えていきました。

また、取り札の裏面にはそのことわざの説明が記載されているので、これは上の娘の勉強にもなります。漢字も含めた文章での説明ですが、全てふりがなが付いているので安心です。
今では、ことわざのはじめを言うと娘達の口からは自然と続きが出てきます。子供達の記憶力に感心します。

下の娘はまだことわざの意味までは理解していませんが、生活の中でそのことわざにマッチする状況になった時を捉えて私達が「~ということざわあるでしょ。これがそういうことだよ。」と説明をしたりします。具体例があると理解がぐんと深まります。

ことわざはリズムが良いので覚えやすいのだと思います。

同じかるたでも意味の無いことばを覚えるよりも、将来に生かせる言葉を覚えるのは良いことだと思います。

実際に学校の授業やテレビのクイズ番組などでそのことわが出てきた時はとても嬉しいようで、さらに興味を持っていきます。

創作意欲がわいてくる、レゴブロック

レゴブロック

現在5歳の男の子ですが、3歳のお誕生日にレゴブロックをプレゼントしました。
私も小学生の時、両親からレゴをプレゼントされ、それからはレゴにはまり、いろんな種類のブロックを組み合わせ、創作した記憶があります。

レゴは手先をつかうので、頭にも良いのかな~と、それに、集中力も身に付きそうだし、かといって、お勉強、という感じではなく、楽しく創作意欲がわくのではないのかな、という気持ちで購入しました。

特に、物心ついた時から、息子は乗り物全般が大好きだったので、興味を引く為に、まずは、自動車がついているレゴを購入しました。

プレゼントした3歳の時は、あまり興味がなく、私が「レゴ楽しいな~」と大きな声で話し、遊んでいると少し触って遊んでいましたが、自分からレゴで遊ぶという事はありませんでした。
ただ、4歳になり、幼稚園に行き出してからは、幼稚園にもレゴがあり、幼稚園に一番に登園し、レゴでお友達と遊ぶ事が、幼稚園での生活の始まりのようで、今では、家のレゴは、おもちゃのレギュラー化となりました。

今がチャンス、このタイミングだ、と思い、当時は、一種類だけしかなかったので、追加で、おおきなお家も創れるレゴを購入します。

今でも、まだ飽きることなく、レゴブームは続いていて、作成したお家を電車に変更させたり、と、私達が考えもしない作品を次から次へと生み出していきます。
とにかく、創作意欲をわかしているようです。

レゴのおかげで、給食中など、皆なが座って何かをする時も、うろうろ、してできなかったのですが、こんな落ち着きのなかった息子でも、長時間、集中して人のお話を聞けるようになり、私の期待を上回り、また、創作意欲が他にもわいてきて、とにかく箱を集めては、切って、張ってを繰り返し、大きな物から小さな物まで、何でも作成していきます。

本当にレゴを購入してよかったな、と、この分だと、安心して小学校に送り出せそうです。

アニア動物博士に!フィギュア配置遊びの可能性。

アニア動物園

息子の3歳の誕生日プレゼントに、タカラトミー おおきなアニア動物園を購入しました。

同時にアニアシリーズのゾウやホッキョクグマ、ティラノサウルスの別売りフィギュアを購入して、アニアシリーズを試してみることにしました。

息子の性格は、おっとりとしてあまり喋らず黙って何かを考えているという大人しい子でした。図鑑が好きで、特に動物に興味を持っていたようなのでアニアシリーズが良いのではないかと考えたのですが、正にストライクゾーンだったようです。

フィギュアには図鑑カードが入っており、詳しい情報もわかるので今では私に色々教えてくれます。パンダは笹を食べるとか、カバは水の中で暮らすなどの基本的な情報ですが、子供には分かりやすいようです。

タカラトミーは元々トミカシリーズもあり、車も好きだったのですがアニアシリーズにも車と合わせて遊べる工夫がしてあるため、男の子にはぴったりのようです。

例えばサファリパークのように動物エリアの中に道があり、橋やトンネルで動物とのコラボができたり、探検している気分で遊べます。

アニアシリーズのDVDを見てからは更にのめり込みました。今での配置遊びから、次の段階は動かして遊ぶに変わります。女の子がするお人形ごっこのように話をさせたり、男の子らしく恐竜で戦いごっこをしたり、水辺に連れて行ってお水を飲ませたりなど、様々な遊びに発展させることができます。

また、おおきなアニア動物園には飛び出す檻や氷の滑り台などもついているので、子供の工夫次第で更に遊べそうですね。

私が最初に遊んでいるところを見せて、遊び方を提案していたのですが、じきに子供の発想で自由に遊び始めました。

フィギュアには1つか2つ、動かせる関節があるので、より遊びやすいようです。ある程度の重さと、子供の手に持ちやすい大きさもポイントです。そして何よりも大人も驚くクオリティの高さがポイントです。カバの背中のツヤや、ライオンの足の裏の肉球まで繊細に作られているので、子供には宝物のように感じるようです。

一人でも遊べてお友達や家族とも遊べる自由なアニアに、そろそろ4才になる息子はまだまだ夢中です。