レゴブロックで動物園作り

動物園が作れるレゴブロック

娘は現在幼稚園の年長さん。娘はお人形遊びやおままごとよりも、なにかを作って遊ぶことが小さいころから大好きでした。

なので、1歳のクリスマスに「動物園が作れるレゴブロック」をプレゼントしました。

最初ははめ込むことが難しかったようでブロック同士をたたいてカチカチさせて楽しんだり並べて遊んだりと思惑とは違う遊び方をしていましたがそのうちにブロックをつなげて遊べるようになりました。

とくに何かを思ってつなげるわけではなく、くっつくことが楽しいようで毎日のように夢中で遊んでいました。

2歳ごろになると、何かを作ろうと頑張っている様子がみられました。「これはなに?」と聞くと、「へび!」と教えてくれたり、遊びの幅がひろがりました。

そのうちに、動物園を作れるセット内容だったので、ブロックの箱に貼ってある写真を参考に動物園を作るようになりました。動物園を作っては付属の動物を動かしてごっこ遊びをしたり、「ここはペンギンのところ!」「ここは餌を食べるところ!」と説明をしてくれたりしました。

たまに、「一緒にレゴで遊ぼう!」と言われて一緒に作ったりもしました。こういう遊びは旦那も得意で、旦那は作り方を子供にレクチャーしたりして親子で楽しめました。

上手にできた作品は写真を撮って保存しています。そうすると娘も崩すのをためらわないのでまた楽しく作り直せるのです。

幼稚園に入るころには友達が家に来て一緒に遊んだりもしました。こういうのってパーツの取り合いで喧嘩になるのかな?と思いましたが、意外とみんなルールを守って遊んでいたので、ある程度の年齢になるとみんなで仲良く遊べていいな、と思いました。

現在は6才の娘ですが、やはり以前より遊ぶ回数は減りましたがふと思い出したかのように遊びます。

長い期間、子供自身が工夫して自由な発想で遊べるのでとてもいいおもちゃだなぁと感心しました。

創作意欲がわいてくる、レゴブロック

レゴブロック

現在5歳の男の子ですが、3歳のお誕生日にレゴブロックをプレゼントしました。
私も小学生の時、両親からレゴをプレゼントされ、それからはレゴにはまり、いろんな種類のブロックを組み合わせ、創作した記憶があります。

レゴは手先をつかうので、頭にも良いのかな~と、それに、集中力も身に付きそうだし、かといって、お勉強、という感じではなく、楽しく創作意欲がわくのではないのかな、という気持ちで購入しました。

特に、物心ついた時から、息子は乗り物全般が大好きだったので、興味を引く為に、まずは、自動車がついているレゴを購入しました。

プレゼントした3歳の時は、あまり興味がなく、私が「レゴ楽しいな~」と大きな声で話し、遊んでいると少し触って遊んでいましたが、自分からレゴで遊ぶという事はありませんでした。
ただ、4歳になり、幼稚園に行き出してからは、幼稚園にもレゴがあり、幼稚園に一番に登園し、レゴでお友達と遊ぶ事が、幼稚園での生活の始まりのようで、今では、家のレゴは、おもちゃのレギュラー化となりました。

今がチャンス、このタイミングだ、と思い、当時は、一種類だけしかなかったので、追加で、おおきなお家も創れるレゴを購入します。

今でも、まだ飽きることなく、レゴブームは続いていて、作成したお家を電車に変更させたり、と、私達が考えもしない作品を次から次へと生み出していきます。
とにかく、創作意欲をわかしているようです。

レゴのおかげで、給食中など、皆なが座って何かをする時も、うろうろ、してできなかったのですが、こんな落ち着きのなかった息子でも、長時間、集中して人のお話を聞けるようになり、私の期待を上回り、また、創作意欲が他にもわいてきて、とにかく箱を集めては、切って、張ってを繰り返し、大きな物から小さな物まで、何でも作成していきます。

本当にレゴを購入してよかったな、と、この分だと、安心して小学校に送り出せそうです。