コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

レゴブロックで動物園作り

動物園が作れるレゴブロック

娘は現在幼稚園の年長さん。娘はお人形遊びやおままごとよりも、なにかを作って遊ぶことが小さいころから大好きでした。

なので、1歳のクリスマスに「動物園が作れるレゴブロック」をプレゼントしました。

最初ははめ込むことが難しかったようでブロック同士をたたいてカチカチさせて楽しんだり並べて遊んだりと思惑とは違う遊び方をしていましたがそのうちにブロックをつなげて遊べるようになりました。

とくに何かを思ってつなげるわけではなく、くっつくことが楽しいようで毎日のように夢中で遊んでいました。

2歳ごろになると、何かを作ろうと頑張っている様子がみられました。「これはなに?」と聞くと、「へび!」と教えてくれたり、遊びの幅がひろがりました。

そのうちに、動物園を作れるセット内容だったので、ブロックの箱に貼ってある写真を参考に動物園を作るようになりました。動物園を作っては付属の動物を動かしてごっこ遊びをしたり、「ここはペンギンのところ!」「ここは餌を食べるところ!」と説明をしてくれたりしました。

たまに、「一緒にレゴで遊ぼう!」と言われて一緒に作ったりもしました。こういう遊びは旦那も得意で、旦那は作り方を子供にレクチャーしたりして親子で楽しめました。

上手にできた作品は写真を撮って保存しています。そうすると娘も崩すのをためらわないのでまた楽しく作り直せるのです。

幼稚園に入るころには友達が家に来て一緒に遊んだりもしました。こういうのってパーツの取り合いで喧嘩になるのかな?と思いましたが、意外とみんなルールを守って遊んでいたので、ある程度の年齢になるとみんなで仲良く遊べていいな、と思いました。

現在は6才の娘ですが、やはり以前より遊ぶ回数は減りましたがふと思い出したかのように遊びます。

長い期間、子供自身が工夫して自由な発想で遊べるのでとてもいいおもちゃだなぁと感心しました。