コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

長女の中学最後の運動会

今日は中3の娘の中学最後の運動会でした。吹奏楽部に入っている娘。開会式のファンファーレを吹くので是非見に来てほしいとのことでした。開会式は8時40分からでした。
中学校から家まではとても近く歩いて5分ほどです。なので、8時30分くらいに家をでました。その時すでに校長先生の話がされており、最後にファンファーレが鳴るのかなと思い、娘がいるはずであろう場所にカメラのピントを合わせていたら、「おはよう」と吹奏楽部のママ友に声を掛けられた。「おはよう。ファンファーレは一番最初だったよ(笑)上手だったよ~!!」と言われ愕然…もう少し早めに家を出たら見れたのに…と後悔しました。その後すぐに100メートル走があり、弟が声を張り上げて「ねーちゃん頑張れ~!」と叫んでいたのですが、その声に気付きこちらに笑顔を見せる余裕もありながらも4位の結果に笑ってしまいました。
その後はしばらくは娘の出る演目はなかったので自宅に帰ろうということで、下の子とゆっくり自宅でくつろいでいました。昨日はいろいろあって2時間しか寝ていない私。うとうとしているところを下の子に起こされ、学年リレーがあるころであろう時間を予想して家をでました。娘の出番は21番目。運動場に着いた時に30番のゼッケンをつけた男子生徒たちがバトンを待っていました。あれ…30番?もしかして終わった?と思いながらも最後まで学年リレーを見ていたのですが、気付いたら最後のタスキをつけた男子生徒たちが並び始めました。ああ、やっぱり終わっていたのだと再確認しました。幸いにも娘のクラスがトップでゴールを切りました。もうすぐ帰ってきます。「あなたのクラス
1位だったね」と声をかけるしかないと思っています…ごめんね。