離婚後の就職活動の苦労

離婚をする前は、専業主婦として家庭を守っていた女性がいました。いろんなことがあって離婚を決意した時点ではまだ仕事を探してもいない状態でした。結婚する前は、事務職として働いていたその女性は、結婚を機に退職。その後、結婚生活の間の約六年間、社会に出ずに家庭を切り盛りしていました。
離婚後すぐに、ハローワークなどを活用して就職活動専念しました。しかし、六年というブランクと三十を超えた年齢の壁は、なかなか高かったようです。正直すぐに仕事に入るつもりでいたその女性は、かなり焦ったようでした。それほどの好条件を選んでいるわけでもないにも関わらず、就職が決まらない。現在の社会の現状を、この就職活動に寄って実感したようでした。
多少の貯蓄があったとはいえ、それほど多くの金額の用意があるわけではありません。できれば使わずに取っておきたい彼女は、前職の事務職に拘らずにとにかく働ける場所を探すようになりました。そうして何とか飲食関連の仕事に採用されて、勤めることになったそうです。しかし、それからが大変でした。
慣れない仕事に加えて体力的な面での辛さ、そして週休一・二日の長時間労働…。自分の身がもたなければ、即生活費に直結するプレッシャーで大分参ってしまったようでした。それでも彼女は泣き言をいうわけにはいきませんでした。助けてくれる人もいなかったようなので、辛い身体にムチを打って働いて現在も働いています。
離婚という人生の大きな出来事の後にも休める暇はなく、慣れない社会に飛び込んでいかなければならないのは、傍目から見ていても辛いものでした。

社会は離婚経験者に冷たいのではないか

社内で昇進することが決定事項になりつつあったころ、パートナーから急に離婚届を突きつけられました。昇進したいがために家庭を軽視していたので、当然の報いかもしれません。パートナーをいくら説得しても考えを変えてくれないようだったので、私は離婚話に応じることになります。社会保障関連の手続きがあるので、当然のことながら会社にも事実を伝えた数日後のことです。私の昇進話はいつの間にか消滅してしまい、代わりに同等の能力を持つ同僚に白羽の矢が立ちました。覚えている限りで大きな失敗をしていませんでしたから、十中八九離婚が影響しているのだと思いました。過去にも似たような前例があったようなので、離婚したら昇進が難しくなる現実を痛感させられました。
離婚してからの毎日のほうが、充実していると個人的には感じます。パートナーがいた頃より仕事が捗りますし、実家の両親が家事を手伝いに来てくれるからです。ところが、周囲から見た私は哀愁ただよう人間のようです。老後の面倒を見てくれる身近な存在がいないのは不安が大きいなどと私を説得してくるものの、何を言われようとも心に響きません。それだけではなく、既婚者である学生時代の友人を食事に誘ったときには悲しくなる仕打ちを受けました。離婚したばかりなのだから再び新たな結婚生活を始められるように頑張るべきだと言い、私からの誘いを断ったのです。惨めな気持ちになりつつありますが、仕事を楽しめているので心が折れることはないと思います。

長女の中学最後の運動会

今日は中3の娘の中学最後の運動会でした。吹奏楽部に入っている娘。開会式のファンファーレを吹くので是非見に来てほしいとのことでした。開会式は8時40分からでした。
中学校から家まではとても近く歩いて5分ほどです。なので、8時30分くらいに家をでました。その時すでに校長先生の話がされており、最後にファンファーレが鳴るのかなと思い、娘がいるはずであろう場所にカメラのピントを合わせていたら、「おはよう」と吹奏楽部のママ友に声を掛けられた。「おはよう。ファンファーレは一番最初だったよ(笑)上手だったよ~!!」と言われ愕然…もう少し早めに家を出たら見れたのに…と後悔しました。その後すぐに100メートル走があり、弟が声を張り上げて「ねーちゃん頑張れ~!」と叫んでいたのですが、その声に気付きこちらに笑顔を見せる余裕もありながらも4位の結果に笑ってしまいました。
その後はしばらくは娘の出る演目はなかったので自宅に帰ろうということで、下の子とゆっくり自宅でくつろいでいました。昨日はいろいろあって2時間しか寝ていない私。うとうとしているところを下の子に起こされ、学年リレーがあるころであろう時間を予想して家をでました。娘の出番は21番目。運動場に着いた時に30番のゼッケンをつけた男子生徒たちがバトンを待っていました。あれ…30番?もしかして終わった?と思いながらも最後まで学年リレーを見ていたのですが、気付いたら最後のタスキをつけた男子生徒たちが並び始めました。ああ、やっぱり終わっていたのだと再確認しました。幸いにも娘のクラスがトップでゴールを切りました。もうすぐ帰ってきます。「あなたのクラス
1位だったね」と声をかけるしかないと思っています…ごめんね。