コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

コロジカルで物理の才能拓く

コロジカル

うちの子のお気に入りのおもちゃは、イワヤ株式会社のコロジカルです。

対象年齢は6歳以上となっていますが、うちの子は4歳から遊んでいました。問題なく遊べていました。

その頃NHKの朝の子ども番組でピタゴラスイッチが大流行していました。大人が見ていても面白い。

あれは物理学のプロが作っていますから、毎回思わず唸ってしまう力作ぞろいです。「あんなのを作ってみたい」といつもせがまれていました。あんなのと言われてもと相当困ります。

ピタゴラスイッチを真似て最初はうちにある材料で工夫していました。

本を積んで高さを出したり、牛乳パックやトイレットペーパーの芯でレールを作ったり、厚紙で漏斗ふうのものを作ったり。

親のほうが必死になって作って辛うじて小規模なものがどうにかできる感じで、子どもが作れるはずもなく子どもが作ったものでうまくいくはずもありません。

うまくいったから何日も置いておきたいと言われてパーツにしてしまったものが使えなくて困ったこともありました。これを見つけた時は開放された感じでした。

与えてみると、なかなか楽しい。しかも簡単です。いろんなパーツが入っています。

レールではストレート、ウェーブ、カタカタ、パンクの4種、台車やジャンプ台、音が出るゴールスイッチも入っています。

よほどの設計ミスがない限りビー玉はコロコロとスムーズに転がってくれるので、子どももご機嫌、小さい子に調度良い遊び道具です。

うまくいかないときはこれまた考える絶好のチャンスです。改善しては実験し、改善しては実験してが難なくできるので、こんなに幼くしてもう物理の勉強をしていることになっています。

うまくいくようになるともっと凝ったものが作りたくなるようで、この段になって日用品との組み合わせとなれば、パーツ作りの上でコロジカルのパーツが良いお手本になってくれます。

「自分でやってご覧」もスムースでした。半年ほどは夢中で遊んでいましたよ。